住宅メーカーの選び方

住宅メーカーの評判RANKING

住宅メーカーを選ぶ際は、自分たちの家への要望・目的に沿ってくれるメーカーを検討することが大切です。

住宅メーカーTOP > 選び方

住宅メーカー選びは慎重に

家をつくる住宅メーカーは数多く存在しますが、家造りに対するコンセプトはそれぞれ異なります。

実際、住宅展示場などを見ると、住宅メーカーごとに家の趣が違っていて、個性豊かな住宅を見学することができます。

そのため、住宅メーカーを選ぶ際は、自分の希望と住宅メーカーの趣旨を照らし合わせてみて、最も理想や希望が反映されるメーカーを検討する必要があります。

家は一般的に一生に一度の大きな買い物と言われているので、妥協することなく、慎重に住宅メーカーを選ぶようにしましょう。

要望・目的から選ぶ

マイホームを建てたいという希望は多くの方が持ち合わせていますが、その理由や思いはさまざまです。

そのため、まずは自分たちのマイホームへの要望を絞り込み、優先順位をつけた上で、希望に応えてくれそうな住宅メーカーを選ぶことをおすすめします。

ここでは要望・目的に沿った住宅メーカーの選び方のポイントを紹介します。

断熱性の高い家

最近の省エネブームにのっとり、住宅メーカーでは機密性や断熱性の高い家造りを心がけています。

ただ、新しい工法を希望する場合は、工務店の施工技術や経験が不足していることがあります。

機密性・断熱性の高い住宅についてはツーバイフォー住宅輸入住宅を取り扱う住宅メーカーの実績が高いため、寒暖の差を抑えたい場合はこれらの住宅メーカーを中心に選ぶとよいでしょう。

シックハウス対策の家

近年は建築基準法の改正により、どの住宅メーカーもシックハウス対策を重視した家造りを行うようになりました。

実際、新築住宅では24時間換気システムの導入が義務づけられており、シックハウスのリスクは以前に比べるとかなり軽減されています。

使用する建材についても、シックハウスの原因となる化学物質を含むものは少なくなりましたが、中にはシステムキッチンや化粧台などに原因物質が含まれている場合もあります。

そのため、シックハウス対策が気になる場合は、新築住宅の竣工時に室内空気の測定を依頼することをおすすめします。

室内空気の測定を行うと、空気中に含まれる化学物質の量が明確に表示され、厚生労働省の基準を満たしているかどうかチェックすることができます。

低価格の家

家造りはこだわればこだわるほど際限なくコストがかかるため、あらかじめ予算が決まっている場合はなるべく価格を抑えたいところです。

低コスト販売に特化している住宅メーカーはいくつかありますが、代表的なものとしては、積水ハウスのツーユーホームやユニバーサルホーム、タマホームなどが挙げられます。

ただ、基準となる住宅の価格が安くても、あとから仕様変更などを要望するとそれだけコストがかさんでしまうので要注意です。

3階建ての家

土地が狭い場合、充分な居住面積を確保する方法として、3階建ての家を建てる方法があります。

個人で3階建ての家を建てるケースは少数派ですが、条件が整えば建築することは可能なので、狭い土地を有効活用したい方におすすめです。

ただ、通常の3階建てであれば木造またはツーバーフォー住宅でも問題ありませんが、屋上を庭にしたり、平面型にしたいという場合は、防水対策を講じる必要があります。

そんなときは鉄筋コンクリートまたは鉄骨構造を採用した住宅メーカーを選ぶとよいでしょう。

積水ハウス

全国の分譲住宅や宅地情報が満載! お気に入り物件の資料請求はこちら
www.sekisuihouse.co.jp/

大和ハウス

住宅、マンション、リフォーム等 住まいの情報から土地活用の提案まで
www.daiwahouse.co.jp/

セキスイハイム

光熱費ゼロの暮らしへ。エコ住宅の リーディングカンパニー
www.sekisuiheim.com/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 住宅メーカー評判ランキング※口コミとシェアで比較するならコチラ! All Rights Reserved.