住宅メーカーの手抜き工事に注意

住宅メーカーの評判RANKING

悪質な住宅メーカーの中には、図面の書き換えや、下請けに丸投げするなどの手抜き工事を行うところも存在します。

住宅メーカーTOP > 手抜き工事

手抜き工事の事例

『家は一生に一度の大きな買い物』と言われる通り、施主のほとんどは初めて家の建築を依頼する方ばかりです。

当然、一部の方を除き、建築の専門知識などは持ち合わせていないため、中には施主がわからないのをいいことに、手抜き工事を行う住宅メーカーも存在します。

もちろん、手抜き工事を行うメーカーはほんの一部ですが、手抜き工事によるトラブルも決して少なくありませんので、家を建築する時は、常に建築現場の状況を確認し、図面との相違やトラブル、ミスはないかしっかりチェックしておきましょう。

ここでは、手抜き工事によるトラブルの事例を紹介します。

1.図面の書き換え

住宅の建築を行うにあたり、住宅メーカー側からあらかじめ建築図面が提示されます。

ただ、建築図面は専門知識を持った人でないと内容がわかりづらいため、設計段階で図面が勝手に書き換えられていても、素人がミスを指摘するのは困難です。

しかし、最近は建築主が希望すれば、住宅性能評価を受けることが可能となっています。

住宅性能評価を受けると、国土交通省が定めだ住宅の品質をきちんと確保できているかどうか、等級で判断してもらえます。

実際、住宅性能評価を受けたところ、最高の耐震等級であるはずの住宅が耐震等級1と認定されたケースも存在します。

この事例では、柱の太さや耐力壁を減らしたり、手すりの下地加工を省くなどの手抜き工事を盛り込んだ図面に書き換えられていることが判明し、住宅メーカー側の意図的な手抜き工事が伺えます。

下請け業者に一任

住宅の基礎は家の要となる重要な部分ですが、住宅メーカーの中には、基礎工事を下請け業者に一任してしまうところも存在します。

下請け業者を使うことそのものはめずらしくありませんが、その場合でも住宅メーカーの担当者が責任もって立ち会い、工事に間違いやミスがないかどうかチェックする義務があります。

実際にあった事例では、施主が基礎工事に立ち会ったところ、住宅メーカーの担当者は不在で、基礎工事が下請け業者に丸投げされていました。

結果、基礎の打設位置の間違いや、鉄筋周囲のコンクリート厚不足、コンクリート表面の気泡穴などが見つかり、ずさんな基礎工事が露呈しています。

設計ミス

設計ミスは住宅そのものの質にかかわるため、本来は図面段階で綿密なチェックが行われます。

しかし、悪質な住宅メーカーの場合、図面のチェックがずさんで、工事の最終段階までミスが発覚しなかった例も存在します。

たとえばドアの位置がずれていたり、換気扇が付けられなかったり、天井が低くなったりなど、普通では考えられないようなミスが起こる場合もあります。

これらのミスは中小メーカーだけにとどまらず、大手メーカーも起こすリスクがありますので、プロだからと一任せず、自ら積極的に動いて手抜き工事を防ぐことが大切です。

積水ハウス

全国の分譲住宅や宅地情報が満載! お気に入り物件の資料請求はこちら
www.sekisuihouse.co.jp/

大和ハウス

住宅、マンション、リフォーム等 住まいの情報から土地活用の提案まで
www.daiwahouse.co.jp/

セキスイハイム

光熱費ゼロの暮らしへ。エコ住宅の リーディングカンパニー
www.sekisuiheim.com/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 住宅メーカー評判ランキング※口コミとシェアで比較するならコチラ! All Rights Reserved.